梅雨時期にだるさが出やすい3つの原因と4つの対策

梅雨時期にだるさが出やすい3つの原因と4つの対策

梅雨時期が近づいてくると、人によってはだるさを感じることがあります。
これは「梅雨だる」とも言われており、気候の変化や湿度の増加によって引き起こされる不快な状態です。
今回は、この梅雨のだるさの原因と対策について、東洋医学の観点から探ってみましょう。

ということで、今回の記事で分かる内容はこちら!

・「梅雨だる」の原因
・「梅雨だる」の対策

 

「梅雨だる」が起こる3つの原因

梅雨時期のだるさは、以下の3つが考えられます。

  1. 湿度の増加
  2. 気候の変化
  3. 気の滞り

1つずつ見ていきましょう。

梅雨 湿度 自律神経専門ひふみ整体

①湿度の増加
梅雨の季節は、雨の影響もあり湿度が非常に高くなります。
湿度が増すことで、身体のエネルギー循環が滞ったり、体内の水分コントロールが乱れ、不要な水分が溜まることで、だるさや倦怠感が生じると考えられています。

②気候の変化
梅雨は気候の急激な変化が特徴で、基本的には雨の続く日が多くなりますが、途中、晴れ間があったりと気候の変化が激しい時期です。
気圧や気温の変動が生じることで、自律神経のバランスが崩れ、不調を引き起こす可能性があります。

③気の滞り
東洋医学的な観点で見ると、梅雨は「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれるエネルギーの滞りが生じる季節とされています。
湿邪が身体に蓄積することで、だるさや重さを感じることがあります。

梅雨時期の食中毒の原因

梅雨時期における食中毒の主な原因は、次のような要素が挙げられます。

①食材の傷み
湿気や高温によって、食材が傷みやすくなります。
傷んだ食材を摂取すると、細菌や毒素が体内に入り、食中毒を引き起こす可能性があります。

②食材の保管環境
湿気や高温の影響を受けやすい食材の保管環境は、細菌やカビの繁殖を促します。
食材ごとに適切な温度や湿度で保管することが重要です。

③食品加工場や飲食店の衛生状態
湿気や高温が続くと、食品加工場や飲食店の衛生状態が悪化することがあります。
従業員の衛生管理や食品の適切な調理、衛生管理は、食中毒予防において重要な要素です。
十分な衛生対策が行われていない場所では、食材や調理器具が汚染され、食中毒の原因となる可能性があります。
外食時にそれらを見極めるのは非常に難しいことですが、明らかに不衛生な店舗での食事は控えたほうが無難かもしれません。

梅雨 食中毒 自律神経専門ひふみ整体

「梅雨だる」に有効な4つの対策

梅雨時期のだるさ対策には、東洋医学的な観点も含めた以下の4つを試してみましょう。

  1. 体を温める食事
  2. 規則正しい生活習慣
  3. 温灸や漢方で温める
  4. 心身のバランス調整

1つずつ解説していきます。

①体を温める食事
湿邪の影響を軽減するためには、身体を温める食材を摂取することが重要です。
蒸し暑い時期にはなってきますが、生姜やにんにく、山椒などの温性食材を積極的に取り入れましょう。
また、加熱調理やスープ、蒸し料理を選ぶことも有効です。

②規則正しい生活習慣
梅雨の季節は、気候の影響で身体の調子が不安定になりやすいため、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。
十分な睡眠と休息を取ることで、自律神経を整え、身体の回復力を高めることができます。
また、適度な運動やストレス管理も大切です。

梅雨 ストレス 自律神経専門ひふみ整体

③温灸や漢方で温める
梅雨だるさを緩和するためには、身体を温める治療法を試してみるのも手です。
東洋医学では、温灸やお灸、温める漢方薬などが一般的に使用されます。
これらの方法は血液循環を促進し、湿邪を体外に排出する効果が期待できます。

④心身のバランス調整
梅雨だるさは、自律神経を含めた心身のバランスの崩れによっても引き起こされることがあります。
瞑想や呼吸法、ヨガなどのリラクゼーション法を取り入れることで、ストレスを軽減し、心身の調和を取り戻すことができます。

まとめ

梅雨のだるさは、湿度の増加や気候の変化、湿邪の滞りなどが原因とされます。
病院などの検査では、異常が見つからないことがほとんどなので、不安に思う方もいるかもしれませんが、今回お伝えしている対策をしっかりと行うことでだるさを解消したり、梅雨前から行っておくことで予防にもなります。
薬などを用いない、東洋医学的な対策であれば身体への負担も少なく行えますので、是非試してみてください。
それでも症状がキツイ、いつまでたっても良くならないなどでお悩みの際は、ぜひ一度「ひふみ整体」までご相談ください。
独自の検査で症状の原因を特定し、調整とアドバイスをさせていただきます。

めまいでお悩みなら 自律神経専門|ひふみ整体

当院では、独自の検査技術によってこの「真の原因」を特定し、自律神経専門テクニックを用いて調整を行います。
それに加えて、普段の生活におけるアドバイスを行わせていただくことで、患者様と二人三脚で症状の緩和に努めます。

めまい症状でお悩みの際は、まずは一度「ひふみ整体」へご相談ください。