梅雨時期に起こる不調の原因は? 予防にも役立つ対策についても解説します!

梅雨時期に起こる不調の原因は?
予防にも役立つ対策についても解説します!

毎年5月から6月にかけては、梅雨時期となり雨の続く日が多くなります。
雨の日は、晴れの日に比べ体調不良を訴える人も多くなっており、天候不良が続く梅雨時期は、特に症状を感じる人も多くなっています。
そこで今回は、梅雨時期の不調について、原因と対策をお伝えしていきます。

ということで、今回の記事で分かる内容はこちら!
・梅雨時期の体調不良の原因
・実践したい梅雨時期の体調不良対策

 

梅雨時期の体調不良の原因

梅雨の時期は、体調不良を訴える人が多くなる時期です。

主な症状としては…

  • 頭痛
  • めまい
  • だるさ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 下痢
  • 便秘

などがあります。

これらの症状が出る原因には、湿度の高さにあります。
雨が続き湿度が高くなると、汗が蒸発しにくくなります。
その結果、体内の熱が放出されない状態となり、結果的に体温が上昇します。
このような状態が続くと、体内の水分バランスが崩れ、体調不良を引き起こすことがあります。

梅雨 不調 自律神経専門ひふみ整体

梅雨時期の体調不良対策

梅雨時期の体調不良対策は、大きく4つです。

  1. 水分補給
  2. 快適な生活環境作り
  3. バランスの取れた食事
  4. 適度な運動

1つずつ見ていきます。

水分補給

まずは、水分補給をしっかり行い、適切な排泄を行うことで体内の水分バランスを正常に保ちましょう。
梅雨時は汗をかいても気付きにくいため、こまめに水分を摂取することで、体内の水分バランスを調整していきます。

快適な生活環境作り

暑さ対策として、室内の温度や湿度を調整することも有効です。
クーラーや除湿器を使って、快適な環境を作るようにしましょう。

バランスの取れた食事

栄養バランスの良い食事を心がけることも重要です。
ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜や果物を積極的に取り入れることで、体内の水分バランスをコントロールすることもできます。

体は、食べたもので構成されます。
なるべく偏りのない食事を心がけるようにしていきましょう。

適度な運動

運動によって汗をかくことで、体内の余分な水分を排出することができます。
梅雨時期は、体内の水分が排出されにくく、水分が溜まりやすいため、水分補給や食事とともに適度な運動を行うことで、体内の不要な水分を汗によって排出していくことが可能です。

梅雨 ストレス 自律神経専門ひふみ整体

まとめ

今回は、梅雨時期の不調の原因と対策についてお伝えしました。
雨によって湿度の高くなる梅雨時期は、体内の水分バランスの影響で不調を引き起こしやすくなります。
日頃から水分補給や食事、適度な運動を意識することで、体内の水分コントロールを適切に行うことができます。
予防の意味も含めてしっかりと取り組んでいきましょう。
それでも梅雨時期になると症状がキツイ、いつまでたっても良くならないなどでお悩みの際は、ぜひ一度「ひふみ整体」までご相談ください。
独自の検査で症状の原因を特定し、調整とアドバイスをさせていただきます。

 

めまいでお悩みなら 自律神経専門|ひふみ整体

当院では、独自の検査技術によってこの「真の原因」を特定し、自律神経専門テクニックを用いて調整を行います。
それに加えて、普段の生活におけるアドバイスを行わせていただくことで、患者様と二人三脚で症状の緩和に努めます。

めまい症状でお悩みの際は、まずは一度「ひふみ整体」へご相談ください。