東洋医学の観点から見る梅雨時期の胃腸不調の原因と対策

東洋医学の観点から見る梅雨時期の胃腸不調の原因と対策

梅雨の訪れとともに、多くの人々が胃腸不調に悩まされているのをご存知でしょうか?
東洋医学の観点では、季節の変化が私たちの体に与える影響を重視し、バランスを整えることが重要とされています。

今回の記事では、「梅雨 胃腸 不調」というキーワードに焦点を当て、東洋医学の観点から梅雨時期の胃腸不良についてみていきます。

ということで、今回の記事で分かる内容はこちら!

・梅雨時期の胃腸不調の原因
・胃腸不調だけにとどまらない梅雨の影響
・胃腸を守る梅雨時期の食事について
・まとめ

梅雨 胃腸不調 自律神経専門ひふみ整体

梅雨時期の胃腸不調の原因

梅雨時期は湿度が高くなり、気候の変動が激しくなるため、私たちの体に大きく影響を与えます。

東洋医学では、湿気や気候の変化が消化器系に悪影響を与え、胃腸不調を引き起こす可能性があると考えられています。

主な症状としては、胃痛や腹痛、下痢などの排便異常が起きやすくなります。
また、東洋医学では、胃腸は「土」に例えられます。

「良質な土」つまり、良い状態の胃腸を作ることが、健康維持において重要な意味合いを持ちます。

しかし、強い湿気を伴う梅雨時期は、体内の水分バランスが乱れやすく、湿気を抱えやすい状態になります。

身体が湿気を抱え、胃腸の湿度が高まってくると、土は泥状態になってしまいます。
この状態が続くことで、胃痛や腹痛、軟便、下痢といった症状が起こってしまいます。

胃腸不調だけにとどまらない梅雨の影響

ここまで、梅雨がもたらす胃腸への影響をお伝えしてきましたが、実は胃腸の乱れはお腹だけにとどまることはなく、身体全体へ波及していきます。

胃腸というのは、身体の中でも比較的大きな臓器です。
臓器も筋肉組織の一端であり、血液循環とも密接に関連します。

つまり、胃腸の状態が悪くなることで全身の血液循環にも悪影響を与える可能性があるのです。
血液の循環低下は、身体を制御する自律神経にも負担をかけます。

ただでさえ、急激な機構の変化によって乱れやすい自律神経に拍車をかける形となり、頭痛やめまいなどの胃腸トラブル以外の症状も引き起こすきっかけになります。

そのため、梅雨から胃腸を守ることは想像以上に重要なことと言えます。

胃腸を守る梅雨時期の食事について

当然ながら、胃腸は食事と密接に関係します。

梅雨時期は特にですが、それ以外の時期でも胃腸の状態を保つためには日頃から食事には注意が必要です。
そんな中で、梅雨時期というのは、水分の過剰摂取に注意をしていただきたいと思います。

ここまででもお伝えしてきている通り、梅雨時期は体内に水分が溜まりやすい時期で、湿気を抱えやすくなります。
ここに水分を大量に投入すると、余計に胃腸の状態を崩しかねません。

夏に向かう中で、水分をしっかり摂取するよう言われることもあるかと思いますが、身体の状態を見極めて摂取をしなければ、逆効果になる可能性もあることを認識しておきましょう。

梅雨時期に水分を摂取する際は、冷たいものは避け、常温から温かい水を摂るようにしましょう。

お茶やコーヒーなどの嗜好品も避け、水を摂るようにしてください。
また、一気飲みも避けるようにし、少しずつゆっくりと飲むようにするのがオススメです。

夏 水分の取り方 自律神経専門ひふみ整体

まとめ

今回は、梅雨の胃腸不調について東洋医学的な観点から原因と対策をお伝えしました。

しっかりと原因となる知識を持ち、少しの工夫と適切な対策を行うことで梅雨時期は、誰でも健康に乗り切ることができます。

梅雨時期に胃腸不調を起こすという方は、ぜひとも今回お伝えした内容を頭に入れ、対策を実践してみてください。

それでも症状がキツイ、いつまでたっても良くならないなどでお悩みの際は、ぜひ一度「ひふみ整体」までご相談ください。

めまいでお悩みなら 自律神経専門|ひふみ整体

当院では、独自の検査技術によってこの「真の原因」を特定し、自律神経専門テクニックを用いて調整を行います。
それに加えて、普段の生活におけるアドバイスを行わせていただくことで、患者様と二人三脚で症状の緩和に努めます。

めまい症状でお悩みの際は、まずは一度「ひふみ整体」へご相談ください。