軽いめまいが続くけど大丈夫?|用心したいめまいの兆候や病院受診の目安

「酷くはないものの、軽いめまいがずっと続いているけど、大丈夫なのかな…?」
こんなお悩みを抱えていませんか?
放っておくと、大変なことにもなりかねない「軽いめまい」についてお伝えしていきます!

ということで、今回の記事で分かる内容はこちら!

・軽いめまいは、一旦様子見?
・知っておきたい「めまい」3つのタイプ
・軽いめまいでも放置すると…
・軽いめまいが続くときの病院受診の目安
・病院と整体どちらに行くべき?
・整体でめまいは治るの?

軽いめまいが続くけど大丈夫?|用心したいめまいの兆候や病院受診の目安

 

「軽いめまい」が出る時は、一旦様子見?

立ち上がりの際などに時折起こる、フラッとする軽いめまいは、ほとんどの場合は心配する必要はありません。
頻繁に続くようであれば気にかけておく必要がありますが、一旦は様子を見ましょう。

ただし、激しい頭痛や吐き気、手足のしびれなど、他の症状が伴う場合は病院を受診しましょう。

知っておきたい「めまい」3つのタイプ

めまいには、3つのタイプがあります。

①回転性のめまい

景色がグルグルと回るように感じるめまい
⇒ 回転性めまいについて詳しくはこちら

回転性めまい

②浮動性のめまい

ふわふわと浮いているような感覚のめまい
⇒ 浮動性めまいについて詳しくはこちら

浮動性めまい

③失神性のめまい

目の前が暗くなり、血の気が引く感覚のあるめまい

「軽いめまい」であっても油断は禁物、放置すると…

冒頭で、軽度のめまいであればほとんどの場合は、心配はいらないとお伝えしましたが、頻繁に続いたり症状に変化がある場合には、注意が必要です。
心配ないと放置していると、聴力に障害が生じたり、手足の麻痺などの機能障害、場合によっては命に関わる重篤な疾患に繋がる可能性もあります。

軽いめまいが続くけど大丈夫?|用心したいめまいの兆候や病院受診の目安 女性

軽いめまいで様子見の状態であっても、注意深く観察をしておきましょう。自己判断で放置したままにしておくと、後々に響く可能性もあります。

「めまい」症状が続く時の病院受診の目安

以下に当てはまる場合には、早めに医師に相談することをオススメします。

  • めまいが頻繁に起こる
  • 症状が徐々にひどくなってきている
  • めまいと共に吐き気や嘔吐、頭痛などが伴う
  • ろれつが回らない
  • 視界が狭くなる
  • 手足の痺れや身体に力が入らない
  • 意識が朦朧とする

など

「めまい」症状が出たときは、病院?整体院?

めまい症状が発症した際は、まずは上記の目安にあてはまるかどうかを確認し、当てはまる場合には、まず「病院」への受診をオススメします。
器械による精密な検査は、病院でしか行なえません。初期段階では「軽いめまい」であっても、重篤な病気の前兆という可能性もあります。

まずは、病院でしっかりと検査を行い、医師の指示に従いましょう。それでももし症状に変化がないという場合には、当院のような自律神経症状を得意とする整体院へご相談ください。

何科を受診すべき?

めまい症状が起きた場合には、まず「耳鼻咽喉科」「脳神経内科」「脳神経外科」のいずれかを受診しましょう。

整体で「めまい」は治るのか

整体院によって異なりますが、当院では、対応可能です。
当院にめまいで来院される多くの方は、病院で検査をしても特に異常がなく、原因不明のめまいで悩んでいる方がほとんど。
こういった多くの方に共通するのが、自律神経の乱れです。方法としてはこの自律神経を正常化してあげることで、症状は徐々に緩和していきます。

しかし、そのためには「なぜ自律神経が乱れたのか」という真の原因を特定していくことが重要になります。
ここが明確になることで、日常生活にも落とし込め、意識して生活することができるようになり、結果的に再発防止にも繋がります。

軽いめまいが続くけど大丈夫?|用心したいめまいの兆候や病院受診の目安 サポート

当院では、独自の検査技術によってこの「真の原因」を特定し、自律神経専門テクニックを用いて調整を行います。
それに加えて、普段の生活におけるアドバイスを行わせていただくことで、患者様と二人三脚で症状の緩和に努めます。

めまい症状でお悩みの際は、まずは一度「ひふみ整体」へご相談ください。